沖縄 の 海洋深層水 を使った 美容液 とうきのしずく で 城島 社長のようなノーファンデ 実現

基本的にはナチュラルメークが好きで、ファンデーションも肌に重くのる感じや、いかにもお化粧していますというべっとりした感触や見た目のものが苦手でした。若い頃はほとんどメークをしなくても平気で、ファンデーションにもあまりこだわりがなく、仕事やきちんとしなければならない場合にポピュラーな化粧品ブランドのパウダーファンデーションをスポンジで塗るだけ、またはリキッドファンデーションを塗るだけ。でも、崩れや肌への負担が気になって、急いで落とす、という感じでした。そうはいっても年齢が上がるにつれて、シミや毛穴の開き、肌のトラブルも増えてくるし、日焼けも気になるし、でファンデーションで顔のくすみやクマを隠す、顔色を明るく見せる、など必要なことがたくさん出てくるばかり。キレイに年齢をカバーして化粧している人をみると、やはりきちんと化粧をするしかないのかな、と思いながらも、やはり強い香りのするコスメや肌に重たくべとつく感触のファンデーションが苦手なまま。添加物や原材料にも肌に負担のあるものもあると知り、その影響も気になっていました。そんなときに、雜誌やテレビ、ネットでミネラルファンデーションというものを知り、どうやら素材がナチュラルで肌に負担が少ないもの、強い香りや重さが軽減されているナチュラル感がありそう、ということ、またセレブやモデルさんも使用しているブランドもあるらしく、ネット情報で検索したりしました。ドラッグストアや百貨店には実際置いてないものも多かったので通信販売、オンラインショップでの購入を検討して、お試しセットを何件か取り寄せ。ミネラルファンデーションでよくヒットするオンリーミネラルのファンデーションやレイチェルワイン、他にもいくつかサンプルを試しました。ミネラルファンデーションは使用感がとても軽く、ナチュラルで気に入ったのですが、実際パウダーをブラシでつけるのは慣れるまで難しい点と、持ち運びが不便、時間がかかる、またシミやくすみをカバーするには重ねづけなどテクニックも必要とされるようでした。なかなか使えずにいたときにテレビで紹介されていた、ミネラルファンデーションのETOVOSを知り、クリームファンデがコンパクトになっているものを試して、カバー力がとても高いのに肌にやさしいのが気に入って使い始めました。他のリキッドファンデやパウダーファンデもあり、季節や用途にあわせて組み合わせて、簡単に使えるところが気に入っています。

ファンデーションを止めるために最近始めたのがとうきのしずくっていう美容液なんです。

社長の城島杏香さんという方が、すっごく肌がきれいなんですよね。年齢をいうと正直若いとは言えないんですけど、すっごくきれい。しかも、ノーファンデで過ごせるくらいきれいなんです。

沖縄の特殊な美容液を使うことで、通常の美容液の半分以上が油なのに、この美容液は天然の栄養成分なんですよね。だからか、使い始めて潤いが違うんですよね。

あれだけファンデーションに固執していたのが嘘のようにいらないくなったんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です